ハマトク

MENU

県西地域活性化プロジェクトの概要

県西地域の食・運動・癒しで未病を改善

神奈川県では、豊富な地域資源を持つ県西地域を「未病の戦略的エリア」に位置づけ、「未病の改善」をキーワードに県西地域活性化プロジェクトを推進しています。

プロジェクトの基本的な視点

県西地域は、都心から近い位置にありながら、富士箱根伊豆国立公園や丹沢大山国定公園に代表される豊かな森林、丹沢の山々を背に足柄平野を流れる酒匂川と注ぎ込む相模湾など、特色ある自然に恵まれた地域です。

また、箱根、湯河原、山北などの温泉地を有するほか、自然の中でさまざまなスタイルで運動が楽しめ、豊富な海の幸、山の幸、農林水産品があるなど、多彩な魅力にあふれています。

超高齢社会に立ち向かう

一方、日本はこれまでに経験したことのない超高齢社会に直面しており、特に神奈川県では今後、急速なスピードで高齢化が進んでいきます。超高齢社会に立ち向かうため、県では、「最先端医療・最新技術の追求」と、「未病の改善」という2つのアプローチの融合により「健康寿命日本一」と「新たな市場・産業の創出」を目指す、「ヘルスケア・ニューフロンティア」の取組みを進めています。

県西地域の地域資源を生かす

さまざまな地域資源を有し、年間3千万人もの観光客を引きつける県西地域は、食生活や運動などライフスタイルを見直して「未病を改善する」取り組みを実践する場所として最適であると考えられます。

そこで、県西地域の自然や食材などの魅力を生かして、「未病の改善」をキーワードに、地域の魅力をつなげて一つの大きな魅力を創り出し、新たな活力を生み出すために策定したものが「県西地域活性化プロジェクト」です。

県西地域活性化プロジェクト TOPページはこちら

地方創生プロジェクト その他