ハマトク

MENU
  1. トップ
  2. 横浜・神奈川の魅力-横浜・神奈川から世界へ
  3. ゆったりとした箱根観光にはこんな湯宿がおすすめ。…
箱根の四季を満喫する湯宿「天悠」

#16箱根の四季を満喫する湯宿「天悠」

都心からたった2時間。世界的な観光地「箱根」の大自然を感じられる湯宿「箱根小涌園 天悠」で、大人の過ごし方と知らない箱根の魅力に迫る

ゆったりとした箱根観光にはこんな湯宿がおすすめ。箱根で70年の歴史を持つ小涌園の最新湯宿「箱根小涌園 天悠」とは。

大自然と数々の観光名所が集まる箱根。東京から2時間ほどとアクセスも良いため、日帰り旅行にも、週末の宿泊旅行にも大人気の国際的観光スポットです。古くは東京と京都をつなぐ道の関所として栄え、沸きあがる天然温泉は多くの旅人の疲れを癒してきたそう。

そんな箱根の観光エリアの一つ、小涌谷の高台に位置する湯宿「箱根小涌園 天悠」は、70年以上の歴史を持つ箱根小涌園の最新施設です。

この「天悠」には、箱根ならではの自然や温泉を楽しむ仕掛けが詰まっています。しかし、なんと言っても一番のウリは、コンシェルジュによる丁寧かつオリジナリティあふれる時の過ごし方の提案がもらえること。

今回は、「天悠」オープン時からコンシェルジュを務めてきた藤田観光の小森俊平さんに、箱根や天悠の魅力、お勧めの過ごし方を紹介してもらいました!

写真1

▲小森俊平さん(左)

70年以上の歴史の上に “普段できない贅沢”を届ける湯宿とは

聞き手 宋さん

「箱根小涌園 天悠」は2017年4月にオープンしたそうですが、前身の「箱根ホテル小涌園」を含めて60年近くの歴史があるそうですね。なぜこの時代に「箱根小涌園 天悠」が生まれたのか経緯を教えてください。

聞き手 小森さん

「箱根小涌園 天悠」を展開する藤田観光は、国内では北海道から沖縄まで、さらに海外にまで幅広く拠点を広げています。その中でも、箱根は藤田観光が誕生した最初の拠点です。

始まりは1948年に旅館として開業した箱根小涌園。その後1959年に「箱根ホテル小涌園」を開業してからは「たくさんの方に憩いの場を提供する」という思いで、サービスを提供してきました。それから約60年が経ち時代は変わりました。より今の時代に求められるサービスに向けた新たな挑戦の場として、生まれ故郷の箱根がふさわしかったのです。

写真2

箱根小涌園での専任のコンシェルジュの制度は「天悠」から始まりました。私たちの使命は、お客様に日常では味わえないとびきりの時間を過ごしていただくこと。そして溢れんばかりの箱根の魅力をお伝えすることです。

「天悠」は30代40代の働く女性が普段がんばって仕事をしている“自分へのご褒美”として利用していただくことを想定し、自然に囲まれた渓谷庭園や独立型のスパ施設、絶景の大浴場、そして全室温泉露天風呂付でゆったり過ごせるように造られました。

「普段できない贅沢」というコンセプトをしっかりとお伝えできていたようで、「記念日」という特別な日にちを天悠で祝う方が予想以上に多く、光栄に思っております。

聞き手 宋さん

特別な記念日を過ごしてもらえるって、とても素敵ですね!一言に記念日と言っても様々ですが、実際にどんな記念日のご利用が多いのでしょうか。

聞き手 小森さん

お付き合いを始めた記念日、結婚記念日、結婚50周年の金婚式など記念日としては幅が広いです。3世代の家族が集まってお祝いをする方もいらっしゃいますし、プロポーズをこの場でする方もいらっしゃいます。

一度ご利用いただいた方が、その日を大切にして、次の年の同じ時期にまた来てくださった時は、嬉しさがこみ上げてきます。お客様の思い出の一部に天悠があって、それを特別だと思っていただける。とにかくやりがいを感じますし、次の年も来ていただけるようにと気が引き締まります。

目の前に広がる箱根の風景と湯宿の気配りに感動

期待が思いっきり高まったところで、多くの方が特別な時間を過ごしている「天悠」のミニツアーを小森さんにしていただきました。

まずご案内いただいたのはエントランスです。
「天悠」は高台に位置しているので、本当に見晴らしが良いです。早朝には麓に朝靄(あさもや)がかかることもあり、まるで雲海のように見渡せるそう。

向かいの山には、箱根の夏の風物詩「大文字焼」の跡が!観光や避暑客の慰安のためと、うら盆の送り火として行われてきたこの行事は1921年(大正10年)から続いているそうで、窓がこちら向きの客室からも眺められます。

写真3
写真4

そして、ぜひ気が付いてほしいのが、どこからかふんわりと漂う落ち着いた香り。実はこれ、天悠オリジナルのアロマなのだそうです。お客様をお迎えするにはどんな香りが喜ばれるのか、メンバーが集まり時間をかけて作ったそう。一気にゆったりとした気分になることができます。

中のフロントスペースに入ると、広々とした和モダンな空間が広がります。出来る限り箱根の景色を楽しんでもらえるようにと、壁はガラス張り、奥の方にあるライブラリースペースも圧迫感のない格子状のパーテーションで設計されています。

写真5

受付は木製の広々とした椅子に座って…と思っていたら、足柄茶味の有平糖(砂糖と水あめでできたお菓子)とお茶を出していただきました。

写真6

そしてチェックインデスクの横には、「天悠」のウリでもあるコンシェルジュデスクが! ここでは、要望に合った箱根の楽しみ方をご提案してもらえるだけではなく、スパやレジャー施設の予約などもお願いできます。いつでもサポートしてくれる人がいるって、それだけで安心ですね。

写真7

外輪山を臨むか、庭園を楽しむか。

次に案内してもらったのは客室です。
「天悠」の特徴の一つは、全ての客室から絶景を楽しめること。景色は外輪山を臨むか、渓谷を臨むかの2種類で、外輪山側になれば遠くまで広がる美しい緑の山を、渓谷側になれば滝の音や鳥の声を四季の植物とともに味わうことができます。

そしてお客様の予約時には、あえてどちら側が良いか聞かないことにしているそうです。なぜならどちら側の部屋にも自信があるので、その時にご縁のあった部屋の楽しみ方を発見してほしいからとのこと。

こちらは、外輪山側の最上階客室です。最上階客室は、標準客室とベースの作りは同じなのですが、標準客室よりも天井が高く、より開放的な雰囲気の設えとなっています。また、天井を高くしたことで生まれた空間を活用した小上がりスペースも!

写真8
写真9

ここの使い方は、ご本人次第。
本を読んだり、お酒を飲んでしゃべったり、ごろごろしながら音楽を聴いたり…。さらに素晴らしいのは、箱根の景色がちょうどベッドの縁に納まり、時間によって変化する自然の大きな“絵”が眺められることです。
こんな素敵な景色を見ながら語り合ったら、どんな仲も深まりそうですね。

すべての客室には、露天温泉が付いています。珍しいのは、天然温泉なのに一回一回入れられるようになっていること。ほとんどの露天風呂は温泉が流れっぱなしで自然循環するようになっていますが、ここではフレッシュな温泉の湯が楽しめます。

写真10

露天温泉が、日本六古窯のひとつで耐火性に富む信楽焼きであったり、畳にささくれがしにくく耐久性にすぐれる和紙畳であったりと細部にもこだわりを感じます。

こちらは渓谷側の標準客室です。せっかくの素晴らしい景色なので、座ってお茶をいただくことに…。

写真11

ここで発見したのは、ハートクローバーカップ。このカップ、飲み物を注ぐとまずクローバー型が見えます。飲んでいくと…そのうちに形が変わってハート型に見えるのです。なんだか幸せな気持ちになります。

写真12

最初は「お客様にちょっとした幸せを」というささやかな気配りでのセレクトだったのですが、欲しいという方が多く、「ギフトギャラリー」で販売し始めたそう。ここで出来た思い出を、こうやって家に持ち帰れるのは嬉しい限りですね。

箱根の四季の魅力が詰まった庭園で五感を研ぎ澄ます

写真13

こちらは、一階にある「天悠The Bar & Lounge」です。オープンの時間は15時から24時まで。大人の雰囲気漂う空間でお酒をたしなむことができます。お酒の種類はオリジナルカクテルを含めて、なんと100種類以上!

そして、この空間で目を見張るのは片側全面に見える庭園です。ラウンジから見える庭園部分は、小さな丘状になっていて、箱根で見られる植物が楽しめる大きな屏風のよう。

写真14

昨年の冬は、植物の上に雪が積もり綺麗な白景色になったそうです。お酒を飲みながら箱根の四季を感じられるとは、とっても贅沢ですね。

最後に紹介していただいたのは渓谷庭園です。自然の川と滝が眺められる渓谷庭園は1階から6階ほどの高低差があり、一番上には箱根温泉神社が鎮座されています。歩くと、鳥のさえずり、川の流れる音、緑の香りがとても心地よく、五感を刺激してくれます。

写真15

庭園に植えられている植物の多くは、箱根高山に生息しやすいもの。四季それぞれに楽しめるように桜、つつじ、ヤマボウシ、コアジサイ、もみじ、と常に見ごろがあるように考えられています。お伺いした時は5月だったので、小雨の中で咲くヤマボウシとコアジサイが美しかったです。

また、箱根温泉神社には毎月26日(風呂の日)に箱根神社の神主さんがきちんと祈祷に来るそうです。徹底していますね!祭られる竜神様が司るのは事業発展や縁結びです。せっかくなので、私もあやかりたいとご挨拶をしてきました。

写真16

ご利益ありますように!

100人いたら100通りの箱根の旅をご提案

聞き手 宋さん

「天悠」のミニツアー、ありがとうございました!皆さんがここで記念日を過ごしたいと思われる意味が分かりました。箱根にはたくさんの観光名所がありますが、天悠の中だけでも箱根の四季それぞれの風景や自然を楽しめるのですね。
この天悠で、小森さんがコンシェルジュとして心がけていることは何ですか?

聞き手 小森さん

宿泊されるお客様の「天悠で思い出作りをしたい」「特別な時間を過ごしたい」という思いは共通かもしれませんが、作りたい思い出や、どんな時間を特別と感じるかは人それぞれです。

写真17

だから、100人いたら100通りの箱根の楽しみ方があるはずで…。お客様にどんなことで喜んでいただけるか、感動していただけるかを考えながらご提案するようにしています。

そのために日々、箱根の情報には目を光らせています。それでもまだ箱根には私が知らない魅力がたくさんあります。ガイドブックには載っていない「あぁ天悠だから、自分にピッタリの箱根の楽しみ方を教えてくれたな。(だから)またここに来たいな。」と思っていただくことに、こだわり続けたいです。

聞き手 宋さん

オリジナルなご提案こそが醍醐味なのですね。ぜひ、私も観光プランを立ててもらいたいです!

聞き手 小森さん

では、考えてみましょう。どんな体験がしてみたいか、箱根には何回お越しいただいたことがあるかを教えてください。

聞き手 宋さん

箱根は大涌谷と芦ノ湖の遊覧船に乗ったぐらいでしょうか。その時に湖から見た九頭龍神社は行ってみたいです! あとは、見るだけで楽しむのではなく「体験できる」内容があると思い出に残りそうなので嬉しいです。
例えば、気が置けない友だちとの“自分たちにご褒美”二人旅だったらどうでしょうか。

聞き手 小森さん

承知しました。少々お待ちください。

こんなお願いをしてみたところ、小森さんが私の希望に合った観光プランを考えてくれました。自分のための観光プランが考えられる時間ってわくわくしますね。

次回は小森さんが私のために作ってくださったおすすめの観光プランをご紹介させていただきます。

こちらの箱根の魅力がぎゅっと詰まった湯宿「天悠」は、ハマトク特別宿泊プランがあります。

極上の癒しの体験と、小森さんをはじめとするコンシェルジュによる、あなただけの箱根コースを、ぜひこの機会に体験してみてください。

箱根小涌園 天悠

【住  所】神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297

【電話番号】0460-82-5111

※掲載内容は2018年8月時点での情報です。